RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 声で紙相撲+動くメッセージカード+足乗せ運動 まちかど情報室 10月19日
    ロス (10/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログランキング
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

NHK まちかど情報室で紹介された商品・便利グッズ

まちかど情報室で紹介された便利グッズやアイデア商品を探しまわらずに購入できます。
生活雑貨,ガーデニング用品,文具,キッチン用品,おもしろ雑貨,お風呂グッズ,便利家電など
<< 洗濯籠フック+パック開け+立ちやすいイス まちかど情報室4月18日 | main | アップルパイタクシー+スイーツ巡礼+ハローチョコレート まちかど情報室 4月22日 >>
万葉集 紫草スカーフ+古代しょうゆ醤 まちかど情報室 4月19日
0

    JUGEMテーマ:話題の商品


    NHK まちかど情報室 2019年4月19日放送分のテーマは
    【万葉集の魅力 再発見】

    改元で注目!「万葉集」の歌の世界をよみがえらせるアイデアです。

    [1] 万葉集に登場する「紫草(むらさき)」で染色したスカーフ
    「紫根染め」紫草と万葉の会


    [2] 万葉集に登場する「古代しょうゆ」を再現
    「ひしお」奈良県醤油工業協同組合

     

    ●和久田アナと万葉集の魅力 再発見
    新元号令和の出典ということで関連の本などがたくさん出ているし、今まで教科書の中のものだったのが、少しだけ身近になったかなという気もする。

     

    [1] 万葉集に登場する「紫草(むらさき)」で染色したスカーフ


    紫草と万葉の会

     

    紫草(むらさき)という白い花を詠んだ歌が万葉集には10首ほどある。

    現在では絶滅危惧種に指定されていて、その保存活動を行っている人達が埼玉県小川町にいる。

    今育てているのが50株ほどだが、もう少しで白い可憐な花が咲くかなと楽しみにしている。

    花は白いのに名前はむらさきである理由は根にある。根から布を染める染料を取り出すことができる。

    この紫草の染めを繰り返して色を重ねていくので、深みのある紫になる。

    紫草は奈良時代 大変高貴な色とされていて、万葉集にも有名な歌がある。

    紫草のにほへる妹を憎くあらば 人妻ゆゑに我恋ひめやも

    どれだけ美しい女性であるかを紫草のにほへると表現した。

    この紫草で染めたスカーフを愛用している姉妹。

     

    当時の高貴な花で染めたということで身につけるととても高揚感があるとのこと。

    それぞれ色が違うところにも味わいがあって気に入っている。

     

     

     

    [2] 万葉集に登場する「古代しょうゆ」を再現

     

    醤油の原型とされる醤(ひしお)と呼ばれる調味料。これも万葉集の歌に出てくる。

    江戸時代に出版された万葉集の注釈書を見ると醤の下に鯛がある。ごちそうの鯛を醤で食べたいと読んだ歌。

     

    これを再現した。

    開発したのは奈良の食文化を30年間独自に研究してきた主婦。奈良時代の人の味覚を知りたくて醤を作ってみようと思った。

    古代の文献を基に塩、コーリャン、黒大豆、大麦と、当時使われていたとされる材料を用意した。

    当時の製法を調べ、材料を蒸した後、麹にして、100日間熟成させて完成させた。

    食事のときには醤が欠かせないという女性。刺し身を食べるときにピッタリ。

    味は今の醤油に近いが、それほどしょっぱくなくてまろやかなところが気に入っている。

    当時の人が食べていたと思うと、よりいっそうおいしく感じる。

    現在は醤油をしぼるが、もろみの状態にしてあるので、酵素と酵母がそのまま豊富に含まれている。

    一緒に食べる食品の旨味や香りを引き出す味。

     

    | 情報 | 16:05 | comments(0) | - | - |