RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 声で紙相撲+動くメッセージカード+足乗せ運動 まちかど情報室 10月19日
    ロス (10/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログランキング
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

NHK まちかど情報室で紹介された商品・便利グッズ

まちかど情報室で紹介された便利グッズやアイデア商品を探しまわらずに購入できます。
生活雑貨,ガーデニング用品,文具,キッチン用品,おもしろ雑貨,お風呂グッズ,便利家電など
<< オリジナル花火+Tシャツ+和菓子作り絵本 まちかど情報室9月4日 | main | たためる子乗せ+ジューサー+災害マット まちかど情報室9月10日 >>
けん玉アプリ+勉強量可視化+デジタル単語帳化 まちかど情報室9月5日
0

    JUGEMテーマ:話題の商品


    NHK まちかど情報室 2019年9月5日放送分のテーマは
    【アプリなのに アナログ】

    手を動かした成果が可視化されるアイデアです。

    [1] 技の判定やゲーム感覚での対戦ができるけん玉
    「DENDAMA」電玉


    [2] 鉛筆に取りつけて勉強量が可視化
    「しゅくだいやる気ペン」コクヨ


    [3] 英単語を手書きしデジタル単語帳化できるノート
    「手ぶらで暗記」ぺんてる

     

    ●石橋アナとアプリなのに アナログ
    予定の管理をこれまで手書きの手帳でしていたが、この1年くらいでスマートフォンに変えた。

     

    [1] 技の判定やゲーム感覚での対戦ができるけん玉

     

    ゲームだが手に持っているのはコントローラーではなくけん玉。けん玉の技の成功を競い合うゲーム。

    けん玉の中に傾きや速さ、玉が乗ったことを感知するセンサーが入っていて、技の成功がわかる。

    けんにも皿にも乗せないうぐいすという技も判定してくれる。

    昔からの遊びのけん玉にアプリを組み合わせることで、今の子どもたちにも親しみやすくした。

    このけん玉で練習した子が大会で優勝するまでになった。

     

     

     

    [2] 鉛筆に取りつけて勉強量が可視化

     

    すごろくだが、勉強した量によってキャラクターが進んでいる。

    普通の鉛筆に取り付けると、センサーが内蔵されていて、鉛筆の動きを勉強した量として測定する。

    タブレットに鉛筆を近づけると勉強量に応じた水がキャラクターに注がれて、実ったりんごの数だけマスを進めることができる。

    勉強したことを楽しく見える化することで子どもたちに達成感を味わってもらおうというアイデア。

    自分がどれだけ努力したのか確認できるようになり、自信につながる。

     

     

     

    [3] 英単語を手書きしデジタル単語帳化できるノート

     

    手描きの単語帳をデジタル化したもの。専用のノートの左ページに英単語を、右ページに日本語を手書きで書く。

    専用アプリが入ったスマートフォンでノートの四隅のマークがちゃんと入るように撮影すると、手描きの単語帳が取り込める。

    書くというアナログな作業が、単語を覚える第一歩という思いから開発された。

    デジタル化しているので、どれだけ覚えたかグラフで表示することもできる。

    ランダムに表示できるので覚えやすい。自分で書いてから見て覚えるので頭に残りやすい。

    手書き世代だった30代以上の社会人が資格の勉強などにも使っている。

     

    | デジタル | 23:55 | comments(0) | - | - |